イントロダクション to our service

修吾は公園でベンチに座っている.
目の前で,子供が何人かで遊んでいる.
修吾は,企業勤めのサラリーマンだ.

週末前,研究開発部門の上司に言われた一言が気になり,休日もリフレッシュできないでいた.
その一言とは,
「新製品のアイデアを1週間以内にまとめて報告しなさい」とのこと.

アイデアなど,ただの妄想から生まれていいわけがない.
根拠のある提案がしたい.
だが,ヒントになるようなものを,どうやって仕入れたらいいのだろう.
何気なくスマートフォンをいじっていたら,大学の研究室の情報が飛び込んできた.
工学部の研究室が発明した次世代のコンピュータインタフェースが,
経済産業大臣賞を受賞したそうだ.
「工学部か・・・.」

修吾は経済学部の卒業生で,理工学部の研究室に詳しいわけではなかったが,
友人は何人か理工学部に在籍しているので様子は見知っていた.
そうだ,確か,あいつらはアイデアマンだったな.

(続く)

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

 
Sign In
Email
Password
Sign Up
Your Name
Email
Password